納豆プレゼント
このエントリーをはてなブックマークに追加
納豆男子から皆さんへ
プレゼント企画にかける納豆男子の想い
皆さん、今年の秋はどのように過ごすか、決まりましたか?
食欲の秋、読書の秋、芸術の秋、スポーツの秋など、何をするにも最高の季節が始まりました。

納豆男子は、もちろん納豆の秋にします!

ということで、またまたやっちゃいます。納豆のプレゼント企画!
今回はなんと、100日間連続で抽選し、総勢100名以上に賞品が当たります!!
全国7県の製造会社で作られた納豆にまつわる商品を、毎日必ず1名以上にプレゼントします。

毎日どしどし、ご応募ください!!
ご応募からお届けまでの流れ
ご応募からお届けまでの流れ
応募の流れ
相沢食産
相沢食産(兵庫県神崎郡)
1953年(昭和28年)の創業以来、関西の納豆市場を盛り上げてきた納豆製造会社。1995年に起きた阪神淡路大震災で被害を受け、当時の工場が全壊してしまう事態に陥ったが、地元民の助け合いと底力で新工場を完成させ、翌年営業を再開。その後に販売を開始した黒豆納豆「光黒納豆」は人気No.1の商品に成長。納豆職人の相沢勝也さんは、世界に納豆を普及させるべく、“Natto Mafia”というFacebookアカウントを英語で運営している。今回は、納豆マフィアが作った黒豆納豆や“Natto Mafia”Tシャツなどをプレゼント!
★今回の賞品(1人あたり) ※どちらか一方
・黒豆納豆、有機黒豆、新納豆一徹など総額2,000円相当
・“Natto Mafia”Tシャツ
納豆職人:相沢 勝也さん
会社ホームページ:http://www.aizawa-food.com/
鎌倉山納豆
鎌倉山納豆(神奈川県鎌倉市)
爽やかな海と日本を代表する歴史をもつ古都・鎌倉に本社を構えるのは、1955年(昭和30年)に創業した鎌倉山納豆。白壁倉造り(しらかべくらづくり)のお店は日本の風情と高級感があり、観光客にも人気のお土産スポット。販売している納豆は数々の賞を受賞しており、初めて購入する方向けの“お試しセット”は贅沢な詰め合わせ。2代目社長の野呂さんは、家業を継ぐ前はバンドのギタリストだった。音楽魂が込められた絶品の「鎌倉小粒」を、お試しあれ!
★今回の賞品(1人あたり)
・鎌倉小粒(2カップ)6個
納豆職人:野呂 剛弘さん
会社ホームページ:http://www.nattoyasan.com
小杉食品
小杉食品(三重県桑名市)
1933年(昭和8年)に創業。当時、納豆が食されていなかった三重県桑名市に納豆文化を広めたパイオニア的存在。取り扱う商品数は納豆業界トップクラスの30種以上。今回は、人気No.1の「おちびさん つゆだく」と「カラフル納豆」をプレゼント。付属のタレの量が3倍の「おちびさん つゆだく」は、糸切れがよくさらさらっと食べられる。東北復興支援等の活動を行う“710TVプロジェクト”と共に開発した「カラフル納豆」は、うずら豆・大福豆・赤大豆・えんどう豆などの7種類で作られた七色の納豆。どちらも、納豆嫌いな人にもオススメ。
★今回の賞品(1人あたり) ※どちらか一方
・おちびさん つゆだく12個
・カラフル納豆16個
納豆職人:小杉 悟さん
会社ホームページ:http://www.miyakonattou.com
左草畑作生産組合
左草畑作生産組合(岩手県和賀郡西和賀町)
雪国の岩手県の西和賀には、まぼろしの伝統食材「雪納豆」の歴史がある。雪納豆は、名前の通り雪の中で納豆を作るのだが、今では生産者が希少なため、伝説の納豆と呼ばれている。今回のプレゼント企画は、ある納豆男子の個人的な繋がりにより実現。プレゼント商品は、雪国の伝統料理と言われている「納豆汁」の素。納豆・味噌・豆腐・油揚げなどが入った、とろとろな口当たりで体がほかほかに温まるお味噌汁。 この商品は冬季限定生産だが、今回は特別に個数限定で生産。今年の秋は、納豆汁で家族団らんのホットな時を過ごしてみてはいかがでしょうか。

★今回の賞品(1人あたり)
・納豆汁の素5個
納豆汁の素生産者:宇都宮 キワさん
会社ホームページ:None
しか屋
しか屋(鹿児島県鹿児島市)
1953年(昭和28年)、頑固者で有名な酒屋の親父が納豆を作り始め、その納豆が美味しいと評判となり、60年経った今でも作り続けられている。しか屋のロゴマークは、会社の夢・個人の尊重・社員の情熱を表現しており、今では九州に留まらず中国や韓国にも販路を拡大している。通常の納豆以外にも、女性に人気の健康食品“納豆粉末”を販売しており、多数のメディアでも特集されている。今回は、人気商品の納豆やドライ納豆、納豆ピンバッチなどをプレゼント。九州以外ではなかなか食すことができない納豆です!
★今回の賞品(1人あたり)
・福ユタカ、ドライ黒豆納豆、オリジナル納豆ピンバッチなど総額2,000円相当
納豆職人:宮之原 正治さん
会社ホームページ:http://shikaya.com
水戸納豆
総本舗 水戸納豆(茨城県水戸市)
1929年(昭和4年)に創業した水戸市を代表する納豆屋。販売する商品は、大豆、納豆菌、パッケージなど全てに徹底的なこだわりを持っている。 既成概念にとらわれない商品として人気の納豆スイーツも販売しているが、主役の納豆は鑑評会で受賞したり、メディアや著名人の愛用品として取り上げられたりするほどの人気。大量生産の時代である今日でも、お客様一人一人を大切にしたいという想いから、“手作り”にこだわっている。通販サイトやFacebookページも活用するほどITリテラシーが高い会社である。
★今回の賞品(1人あたり)
・水戸歳時記 里1セット(雪あかり1個、経木納豆3個、四代目からし・わさび1個ずつ)
納豆職人:高星 大輔さん
会社ホームページ:https://www.mitonatto.com/
元祖水戸天狗納豆
元祖水戸天狗納豆(茨城県水戸市)
「なぜ納豆といえば水戸なのか?」その答えは天狗納豆の歴史にある。1889年(明治22年)、笹沼清左衛門(ささぬま せいざえもん)が天狗納豆という名前で小粒納豆を売り出した。その年に水戸線が開通され、偕楽園の梅を見に来た観光客が天狗納豆をお土産として購入。全国に“水戸で作られた納豆”が広がっていった。それにより、天狗納豆の美味しさが全国に知れ渡り、“水戸といえば納豆”というブランドが確立された。元祖水戸天狗納豆は、清左衛門の次男・辰蔵(たつぞう)が分家して開業した。
★今回の賞品(1人あたり)
・おためしセット1個(わら納豆2種、そぼろ納豆1個、ほし納豆1個など)
納豆職人:笹沼 一弘さん
会社ホームページ:http://www.tengunatto.com/
募集要項
企画概要
  • 毎日必ず1名以上に賞品が当たる、100日間連続プレゼント企画
  • 賞品は1つにつき総額2,000円相当の納豆関連商品
  • ソーシャルボタンのクリック総数が1,000単位増加する毎に、当選者数を10名アップ
    ※例:クリック数が1,000に到達すると、当選者数は110名以上確定
       クリック数が2,000に到達すると、当選者数は120名以上確定
  • 開催時期:2015年9月10日(木)8:00~2015年12月30日(金)20:00の100日間
  • 当選者数:110名以上
  • 応募方法:応募フォームに必要事項を入力
  • 応募資格:1人1日1回のみ
  • 抽選方法:毎日、厳正な抽選で当選者を決定
  • 抽選結果:順次、当選者のみに連絡
  • 賞品の発送時期:ご応募から10日以内を予定
  • 注意事項:応募記録は当日のみ有効で翌日以降には引き継がれませんのでご留意ください。
    注意事項:当選確率を上げるために、毎日応募することをオススメします。
  • 協賛企業:相沢食産、鎌倉山納豆、小杉食品、左草畑作生産組合、しか屋、総本舗 水戸納豆、天狗納豆
  •  
本企画は終了しました。
たくさんのご応募ありがとうございました。
このエントリーをはてなブックマークに追加